FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
アニメ感想もキリのいいところから再開することにしましたよ。
紅桜編は、時間が取れたらまとめて見返したいなあ。あまりに毎週濃すぎて
感想がまとまらなかった…。
とりあえず先週は「よいもの選手権」のキシリア様に爆笑でした。
(どこに食いついているのか)

今日は久々にリアルタイムで見られたんですが、テレビつけたのが
OP途中からだったので、後から見直してアバンに気づきました。
バ、バカ彦くーーーん!
今回はなんですか、メゾペン追悼番組?
阿国はジャンプでメゾペンのページばっかり読んでるし、
打ち切りマンガの最終ページに「小石先生の次回作にご期待ください」
って書いてあったし。
原作ではたった一言のネタをここまで拾ってくるとは…!
実家に帰った大石先生に、何かメリットはないんでしょうか。
と思ったら、EDにしっかり大石先生の名前が。さすがの配慮だ…!

オリジナルで万事屋が出てくると聞いてたので、どうなるか少々心配だったんだけど
全蔵サイドの話に影響しない程度にギャグ分を補給してくれたカンジで
よかったと思いますよ。

ムダなSPコスとか「オーバー」「ラジャー」の連発にも笑ったけど
コロッケ(?)にソースドバドバかけてる銀さん、もうコレ味覚障害レベルだよ!
「ソースかかってない揚げ物なんてなあ スカートめくれねーマチコ先生なんだよ
バカヤロー」は、先週の茶魔語に続いてまたも杉田語かと思ったんですが
ばあやがその後ちゃんとツッコんでるので、台本にあったのかな…まいっちんぐ!
「こちとらさんざん出すもの出してきとんじゃァァ!」って、そうですね、
タオル一枚とかパンツ一丁とか、挙句の果てに全裸とかね。
いいじゃないか、主人公が一番露出度高いジャンプアニメがあったって!
あ、キン肉マンは常にパンツ一丁(?)だったな。

しかし、耳ほじったり鼻ほじったりワキ掻いたり、銀さんがやたらオヤジっぽかったな。
初回オリジナルの「コノヤロー」連発と同じで、とりあえず鼻とかほじらせときゃ
それらしく見える、とか思ってないだろうなスタッフの人。

「洗濯屋ケンちゃん」はなんか知ってた程度なのでwikiってみたら、83年の作品なのね。
マチコ先生も80年代(調べた)だし、ファーストガンダムもギリギリ80年代だし
アニ銀はエイティーズネタの宝庫ですな。
あと、「アレの集金」ってNHKだよね…いいのか民放でそんなネタ。

あれ?結局オリジナルの話しかしてないじゃん!
話を本筋に戻すと、全蔵と才蔵のバトルシーンは結構迫力あったけど
痔トークで台無しでしたな。
痔は患部によって痛みも治療法も違うそうだけど、全蔵はどのタイプなんだろう。
そして空知は…?
ラスト、阿国の表情にはホロリときました。全体のノリのおかげか、
少し救いのある話になっててよかったよかった。

そして新ED。
「修羅」がホントにすごすぎた(特に紅桜編最後の2話での使われ方がもう…!)ので
次はどうくるかと思ってたけど、ネタもなく超シリアスでもなく、
ある意味ストレートにアニメっぽいEDだったなあ。

万事屋中心ですごく和むんだけど、何か毒気が足りないと思ってしまうのは
自分が毒されているから…かな。
神楽ちゃんの仕草がめっちゃ乙女だ。なんかうっとりしてるよ!
真選組、近藤さんちっさ!ていうか土方目立ちすぎじゃん!
歌詞とシンクロしたさっちゃんのカットが楽しい。
全蔵がピンで出てくるのもちょっと嬉しい。
お妙さん、台所に卵のパックが!
あと、長谷川さんとヅラの組合せは新鮮だった…!
源外さんが出てきたということは、次の長編はやっぱり芙蓉編?






スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucillevanpelt.blog80.fc2.com/tb.php/86-52b8c59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

すごい、小石先生って書いてあったんだ・・・!
小ネタを見逃さない塾長、サスガだぜ。
てか、架空のジャンプのハズなのにすごく作り込んであって笑えました。スタッフ、気合い十分だったな!

新ED、ほのぼのしましたねぇ。
アレ何て流星群?
思わず「金、金、金」と唱えたくなる罠。(笑)
2007/07/08(日) 01:59 woko URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

ルシ~ル

Author:ルシ~ル
ONE PIECE・銀魂を中心とした、
WJ・アニメの感想をたれ流して
ゆく日記になる模様です。

管理人の収集癖のため、
フィギュア・グッズネタも多め。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。